* PROFILE *

 

hiroko sakai, ひろこ、アーティスト

Author : Hiroko Sakai
福岡県出身
アーティスト

 

ウエブサイト
www.hirokosakaifineart.com

 

* BLOG SITES *

 

ランキングに参加しています。ポチッとクリックで応援よろしくお願いいたします

 

 

 

 

* RECENT POSTS *

* CATEGORIES *

* ARCHIVES *

* LINKS *

 

HIROKOの作品はオンラインポートフォリオでご覧になれます
www.hirokosakaifineart.com

アーティストウエブサイト、メデューサ、hiorko

 

オリジナルの油絵からアートグッズまで,HIROKOのアートはオンラインでご購入いただけます
www.hirokosakai.com

アーティストオリジナルオンラインショップ

 

サンフランシスコで暮らし始めた頃のエッセイです
San Franciscoからこんにちわ!

エッセイ,サンフランシスコからこんにちわ

 

Enjoy Hiroko's Blog in English
hirokosf.wordpress.com

Hiroko Sakai Blog, Life is Beautiful

 

 

 

* SEARCH *

検索エンジン Mono Search

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽づくしのひと時をご一緒に

2012.03.27 15:04|アート&アーティスト


日曜日はチビピグに”連れられて”、サンフランシスコ交響楽団・ユースオーケストラコンサートに行ってきました。

この若者たちのオーケストラ、『あの』サンフランシスコ交響楽団がおこなっている音楽教育プログラムの一つです。

11才から20才までの、選び抜かれた才能ある子供たちが集められて、毎週土曜日、『あの』サンフランシスコ交響楽団が演奏するデイビスホールで練習とリハーサルに励んでいます。
講師陣にはなんと『あの』、甘ーい甘ーいハンサムなマスク♡指揮者のマイケル・ティルソン・トーマスも参加!(もろタイプ!‥でも残念ながら彼は公式にゲイなんですね。だれも聞いてないって!)

活動を紹介したビデオの中には、ベルリン交響楽団の指揮者、サイモン・ラトルや国際的チェリストのヨーヨーマなども、まるで普通のおじさん状態で、気軽に(?)指導に『ちょいと立ち寄って』いたりする世界‥。

そしてまたまた驚きなのが、このゴージャスすぎるプログラム、受講料はすべて無料なんだそうです。





この日のコンサートのチケットも、普通に買うと12ドルのところ、チビピグが通うミドルスクールのオーケストラクラスの先生のパトロン枠から無料で頂いたものでした。
欧米の芸術に対するサポート体制、意識の深さには、いつもながら敬服させられます。


そんなわけで、行ってきましたデイビスホール!
ユースの演奏の時は席は全部自由席だというので、一時間も早く会場に着き、ほとんどど真ん中の席を確保しました。
‥これって実際サンフランシスコ交響楽団の演奏の時だったら、もちろんこんな席には座れませんデスデス‥はい(汗)

さて、演奏はというと‥。
正直に言います‥。すみません。なめてました‥‥。

始まる前は、いくら有名シンフォニーの教育プログラムと言っても、所詮はまだ鼻垂れまくった子供たち。なんだか演奏が始まる前にも舞台にちょろちょろ顔出して、学芸会気分でへらへらやってるし‥。チビピグは隣の席で、ただひたすら本読んでるし‥。仕方がないので、コンサートが終わったら何食べよっかな〜♪なんて、そんなことを考えながら全く期待感ゼロの手持ち無沙汰な時間を過ごしていました(汗)

そうして待つこと20分ほど‥。
いよいよ開幕のアナウンスが入り客席のライトが落とされて、それと同時に、あれほど騒がしかった会場が一斉にシーンと静まり返り、後ろの席のおじちゃんの鼻息だけがやたらホール中にぴーぴー響き渡る中、第一曲目のスタート‥。

『えっ?‥これ、本当に子供の演奏??』

最初に頭に浮かんだのがこれでしたね。

百聞は一見に如かず。
ユーチューブで去年彼らがベイエリアのフェスティバルで演奏したビデオを見てください。





‥ね?
すごいでしょう?(‥って、わたしが威張ってどうする!ー汗)

バイオリン弾いてる子なんてまだ全然あどけない顔してて、運動会でびりからニコニコ走ってきてるような顔して笑ってるのに、しっかり手元はとんでもない曲弾いていたりするところが‥。

最初の出だしこそ、シュールなくらいに後ろから響いてくる鼻息の音と、左右人でびっしり埋まった客席の中、途中でトイレに行きたくなっちゃったらどうしよう‥といった疑問にあちらこちらに飛び跳ねふざけまくったわたしの意識も、曲が進んで行くにつれ、なんだか脳みそが鷲掴みにされて行くように演奏に引き込まれていきました。

そして最後にはもうスタンディングブラーボー!
客席全体が椅子から立ち上がり、舞台の小さな天才たちにうねるような拍手の洪水!


英語で卓越した才能のことを "Gift" と言います。
そう、『贈り物』というのと同じ”ギフト”です。
才能=天から与えられた贈り物』という感じで、アートの世界にいるとこれはよく聞く言葉なんですが、こういった子供たちを見ていると本当にその意味を実感させられますね。

ちなみにアメリカのスクールには、芸術的に抜きん出た子供たちの特別英才教育プログラムの制度があり、それはGATEクラスと呼ばれます。その正式名称は、Gifted and Talented Education。

うちのチビピグもおかげさまで、どういう訳だかこのGATEのプログラムにいます。 (◁一応日本人らしく小さな声で‥)

しかし”うわーすごい!”なんて単純に喜んでてはいけません。

GATEの子供というのは、
『普段からものすごく勉強していて成績のいい子というよりも、人とは違った独創的な答えをいう子が認定されやすい』
‥そうです。

ここで、”人とは違った独創的な”って言っちゃうと聞こえがものすごくよくなるんですけど、要は‥”ちょっとひねくれてて変わり者”だってことですね‥はい。
ズバリなっとく!
ほんとチビピグのそれって、いったいどこから受け継がれて来ちゃったんでしょう‥?(汗)


ところで、最初の紹介ビデオの中に出てくる小さなチェリスト、ネイサン・チャン。可愛いですよね。
チビピグのように音楽を目指している子供たちの間では、プチアイドル的存在のようです。

早速ユーチューブで彼のビデオをチェックしてみました。





このバッハのプレリュード、いいですよね。
わたしの大好きな曲の一つです。

まだまだ技術面重視で固いネイサン君の演奏も、これから長い人生の中、失恋してどん底に落ち込んだり、いろんな挫折の中で這いずり回ったり‥たくさん泣いてたくさん笑って‥そんな経験から湧き出てくる感情のふくらみが、彼の将来の演奏にまたさらなる深みをつけていってくれるのが楽しみです。

同じ曲を、ヨーヨーマが演奏しているものがここにあります。
わたしも絵描きとして、アーティストであるということは、『生きる』ということそのものが作品なのだと思います。苦しいこと、楽しいこと、人生の中で通るすべてのものが、表現という実りに絶えず栄養を与え続けてくれるものですね。そしてまたそれを受け取る器というものも、人生で経験するたくさんのものを通して深く深く磨かれていきます。






今日はなんだか音楽づくしのひと時となっちゃいました。

ここまで来たら、持ってけ泥棒!
おまけのさんまはありませんが、最後はやっぱりマイケル・ティルソン・トーマス指揮のサンフランシスコ交響楽団の演奏で締めくくりでしょう。





”言葉で表現できなくなった時音楽が始まる”
ードビュッシー

正直に言って、音楽家やダンサーの動的な表現のパワーにはジェラシーを感じます。
受け身で静のアプローチである絵画に比べ、音楽やダンスなど能動的に人の感性に入り込んで否応無しに感情を揺さぶる力には魔術のようなものさえ感じてしまいます。

いつか将来、チビピグのチェロとわたしの絵でジョイントのショーを開くことができればいいなあと、今から夢を見ています。

‥あ、でもその前に、万が一チビピグがサンフランシスコ・ユースに入れた時のために、サインお願いリストを作っておこーっと♪


それでは今日はこれくらいで。

ひろこ





いろんなブログが一度に探せるぶろぐ村ランキングはこちらです♪ 〜Enjoy




スポンサーサイト

テーマ:音楽ーオーケストラ
ジャンル:日記

tag:サンフランシスコ交響楽団 サンフランシスコフィルハーモニー・ユースオーケスト チェロ 才能 音楽 オーケストラ コンサート GATE ゲート教育

コメント:

テキサス州とバージニア州ででエイプリルフールを禁止する法律が成立

テキサス州とバージニア州ででエイプリルフールを禁止する法律が成立しました。
違反したら罰金刑化懲役刑です

No title

コメントをいただきありがとうございました。

馬鹿ばかしき内容のブログですが訪問、コメント歓迎いたします。

1980年から86年まで桑港に駐在していました。

Re: No title

今、わたしもこのブログらしきものを始めたばかりで、いろいろと見て回って勉強させていただいています。
アスパラガス、いつか自分で植えてみますね(笑)

Hiroko

Re: テキサス州とバージニア州ででエイプリルフールを禁止する法律が成立

ええ!そうなんですかぁ!?
カリフォルニア州では、同性愛者以外の居住が禁止され、そうじゃない人は州外退去が求められ始めました。
すみにくい世の中になりましたよね(汗)

一年に一度の『この日』、お楽しみください。

Hiroko
非公開コメント

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【音楽づくしのひと時をご一緒に】

日曜日はチビピグに”連れられて”、サンフランシスコ交響楽団・ユースオーケストラのコンサートに行ってきました。この若者たちのオーケストラ、『あの』サンフランシスコ交響楽団...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。